SysMLのトレーニングコース

SysMLのトレーニングコース

ローカルでインストラクターが実践しているライブSysML(Systems Modeling Language)トレーニングコースでは、SysMLを使ってシステムをモデル化する方法を実践的に実践しています。 SysMLの表記法とその基礎となる意味は、学習した内容を適切なシステムモデリング方法やツールに適用する方法で説明されています。 SysMLのトレーニングは、「オンサイトライブトレーニング」または「リモートライブトレーニング」として利用できます。現場での現場でのトレーニングは、 日本 NobleProgの企業研修センターで日本 。リモートライブトレーニングは、インタラクティブなリモートデスクトップを介して実行されます。 NobleProg - あなたの地域のトレーニングプロバイダー

お客様の声

★★★★★
★★★★★

SysMLコース概要

コード期間概要
ocsmpprepOCSMP Model User Exam Preparation21 hoursこのコースでは、OMG認定システムモデリングプロフェッショナル(OCSMP)の準備をします。

http://www.omg.org/ocsmp/index.htm
sysmlSystems Modelling with SysML21 hoursこのコースは、OMGのSystems Modeling Language(SysML)仕様の最新バージョンを使用してシステムをモデル化する方法を実際に理解するための2つのバリエーションで提供されています。 SysMLの表記法とその基礎となる意味は、学習した内容を適切なシステムモデリング方法やツールに適用する方法で説明されています。
sysengsysmluml2System Engineering using SysML and UML 221 hours目的:

システムエンジニアリング分野のアナリストや設計者が効率的に要件を収集する方法を理解し、UML 2とSysMLを使用してシステム仕様に基づいて組み込みソフトウェア設計の実装を行うことを支援します。

この3日間のトレーニングでは、システムアナリストがニーズを効率的に表現し、設計者がこれらのニーズに基づいてシステムの適切なアーキテクチャ設計を行うのを支援します。

結果として得られるシステムアーキテクチャは、システム機能にカプセル化されたビジネスルールとエンドユーザの使用選択肢(ユースケース)の一貫性のあるトレーサビリティを可能にするため、変更の影響を受けて組み込みシステムソフトウェアに優れた俊敏性を提供します。ソフトウェア実装レベル。
sysmlmdApplying SysML with MAGICDRAW21 hoursこれは、典型的なモデルベースのシステムエンジニアリング手法を示すケーススタディに続いて、モデリング、UML、SysML、およびMagicDrawの使用の原則をカバーする3日間のトレーニングです。

コース:

- SysMLを使用したシステムモデリングにMagicDrawを使用する際の講義と実際の練習を含みます。
- 主要なSysMLの概念と図を説明します。
- 実践的な経験構築システムモデルの例を提供します。
- さまざまなビューでモデル要素をトレースする方法を示します。
- MagicDrawの機能を効率的に使用する方法を説明します。
- 一貫したモデリングケーススタディに基づいています。

オーディエンス:

- モデルを作成し使用するシステムアーキテクト、システムエンジニア、ソフトウェアアーキテクト、その他のステークホルダー。

メソッド:

- プレゼンテーション、ディスカッション、ケーススタディに基づく実践的な課題。

コースの教材:

- スライド、ケーススタディモデル、および実際の割り当ての説明

証明書:

- 各参加者は、トレーニングに参加したことを示すNo MagicとNobleProgの証明書を受け取ります。
SysMLExaSysML by example21 hoursこの実習では、SysML モデリング言語を効率的に使用する方法について説明します。特に複雑なシステムの構造モデリングのためのブロック図を発見するでしょう。シーケンス図、状態図、および動的モデリングのためのアクティビティ図を深めることができます。また、要件図やパラメトリック図などの特定の SysML 図の使用、および割り当ての重要な概念についても学習します。また、企業の文脈や研究対象となるシステムの種類に合わせたモデリング手法を定義する必要性にも注力します。我々は最終的にどのような SysML モデリングツールの芸術の状態が表示されます。

オーディエンス:

プロジェクトマネージャ、アーキテクト、システムエンジニア、 ソフトウェアとハードウェア

の両方を含む複雑なシステムをモデル化すること 指導法:

- の理論的なプレゼンテーションを例に
- のケーススタディ (トレーナーによる SysML ツールのデモ)
sysmlaeSystems Modeling with SysML and Enterprise Architect (EA)21 hoursこのインストラクター主導の実習では、システム要件の分析とモデリングを実行するためにEnterprise Architect(EA)で実装されたSysMLの使用方法を学習します。

このトレーニングが終了すると、参加者は次のことが可能になります:

- モデルベースシステムエンジニアリング(MBSE)アプローチを使用して、SysMLを理解し、システムエンジニアリングプロジェクトに適用する。
- ユースケースモデルに基づいてシステム要件を特定する。
- システムアーキテクチャの設計と分析

オーディエンス

- システムエンジニア

コースの形式

- ライブラボ環境でパートレクチャー、パートディスカッション、エクササイズ、ヘビーハンズオンプラクティス。

注意

- このコースのカスタマイズされたトレーニングをリクエストするには、お手数ですが手配してください。
週末SysMLコース, 夜のSysMLトレーニング, SysMLブートキャンプ, SysML インストラクターよる, 週末SysMLトレーニング, 夜のSysMLコース, SysML指導, SysMLインストラクター, SysMLレーナー, SysMLレーナーコース, SysMLクラス, SysMLオンサイト, SysMLプライベートコース, SysML1対1のトレーニング

コース割引のニュースレター

メールアドレスのプライバシーを尊重します。他人に渡したり売ったりしません。
いつでも好みを変えたり、退会することができます。

一部のお客様

is growing fast!

We are looking to expand our presence in Japan!

As a Business Development Manager you will:

  • expand business in Japan
  • recruit local talent (sales, agents, trainers, consultants)
  • recruit local trainers and consultants

We offer:

  • Artificial Intelligence and Big Data systems to support your local operation
  • high-tech automation
  • continuously upgraded course catalogue and content
  • good fun in international team

If you are interested in running a high-tech, high-quality training and consulting business.

Apply now!