エンタープライズアーキテクチャのトレーニングコース

エンタープライズアーキテクチャのトレーニングコース

ローカルでインストラクターが指揮するライブエンタープライズアーキテクチャ(EA)トレーニングコースでは、エンタープライズアーキテクチャの記述と実装に使用されるツールのインタラクティブなディスカッションと実践的な実践を実演しています。エンタープライズアーキテクチャトレーニングは、オンサイトライブトレーニングまたはリモートライブトレーニングとして利用できます。現場での現場でのトレーニングは、 日本 NobleProgの企業研修センターで日本 。リモートライブトレーニングは、インタラクティブなリモートデスクトップを介して実行されます。 NobleProg - あなたの地域のトレーニングプロバイダー

お客様の声

★★★★★
★★★★★

エンタープライズアーキテクチャコース概要

CodeNameDurationOverview
soa2edaSOA 2.0 and EDA14 hours私たちのED-SOAトレーニングは、SOAリファレンス・アーキテクチャーに基づいたアーキテクチャー・フレームワークの構築と分析に重点を置いています。サービスは、問題または差し迫った問題、機会、しきい値、または偏差を示すイベントジェネレータとして使用されます。
sysengsysmluml2System Engineering using SysML and UML 221 hours目的:

システムエンジニアリング分野のアナリストや設計者が効率的に要件を収集する方法を理解し、UML 2とSysMLを使用してシステム仕様に基づいて組み込みソフトウェア設計の実装を行うことを支援します。

この3日間のトレーニングでは、システムアナリストがニーズを効率的に表現し、設計者がこれらのニーズに基づいてシステムの適切なアーキテクチャ設計を行うのを支援します。

結果として得られるシステムアーキテクチャは、システム機能にカプセル化されたビジネスルールとエンドユーザの使用選択肢(ユースケース)の一貫性のあるトレーサビリティを可能にするため、変更の影響を受けて組み込みシステムソフトウェアに優れた俊敏性を提供します。ソフトウェア実装レベル。
sysmlaeSystems Modeling with SysML and Enterprise Architect (EA)21 hoursこのインストラクター主導の実習では、システム要件の分析とモデリングを実行するためにEnterprise Architect(EA)で実装されたSysMLの使用方法を学習します。

このトレーニングが終了すると、参加者は次のことが可能になります:

- モデルベースシステムエンジニアリング(MBSE)アプローチを使用して、SysMLを理解し、システムエンジニアリングプロジェクトに適用する。
- ユースケースモデルに基づいてシステム要件を特定する。
- システムアーキテクチャの設計と分析

オーディエンス

- システムエンジニア

コースの形式

- ライブラボ環境でパートレクチャー、パートディスカッション、エクササイズ、ヘビーハンズオンプラクティス。

注意

- このコースのカスタマイズされたトレーニングをリクエストするには、お手数ですが手配してください。
seFramwFoundations of the System Engineering and Architecture Frameworks14 hoursObjective : Providing attendees with an overview of the System Engineering Discipline and help them better understand its principles.

This two days course allows participants to acquire a common terminology of the System Engineering, familiarize themselves with the system vision, principles and state-of-the-art procedures according to ISO / IEC 15288 and ISO / IEC / IEEE 42010 standards as well as architectural frameworks of System Engineering such as (DoDAF, MoDAF and NAF...) and how to align their viewpoints using the Enterprise Architecture Frameworks Methodologies such as the Open Group's TOGAF's ADM (Architecture Development Method).
microarchitecturespringSystem Architecture, Service Architecture, and Microservice Architecture with Spring Cloud21 hoursBuilding complex enterprise applications is challenging. Any change made to a part of the systems could trigger the need for changing the design of the entire system.

In this instructor-led, live training, participants will learn how to evaluate different technologies and approaches for the design of a services-based system architecture. The training begins with a discussion and comparison of monolithic systems and service architectures, then digs into the details of microservice architecture.

Spring Cloud is introduced as a platform for building Java-based distributed systems and microservices. Participants are given a chance to put their knowledge into practice as they step through the creation and deployment of a set of proof-of-concept microservices built with Spring Cloud, Spring Boot and Docker.

Finally, the relevant infrastructure building blocks are examined to help participants determine the most suitable tools and approaches to use for different organizational requirements.

By the end of this training participants will have a solid understanding of Service-Oriented Architecture (SOA) and Microservice Architecture as well practical experience using Spring Cloud and related Spring technologies for rapidly developing their own cloud-scale, cloud-ready microservices.

Audience

- Java developers wishing to rapidly build and deploy microservices
- System architects wishing to implement a microservice architecture

Format of the course

- Part lecture, part discussion, exercises and heavy hands-on practice
zendadvancedZend Framework: Advanced Concepts21 hoursThis course is aimed at developers who wish to architect and build enterprise-scale web applications that meet stringent requirements in scalability, reliability, and modularity.

This instructor-led, live training demonstrates a series of common-case problems and shows participants how to efficiently solve them using Zend Framework 2 (ZF2). Participants are taken through a series of exercises that result in the creation of re-usable modules that are both streamlined and robust.

By the end of this training, participants will be able to:

- Analyze and understand the design patterns associated with modular design
- Use Zend Framework 2 components to ensure security in areas such as Authentication, Encryption, LDAP, and Permissions (authorization)
- Apply advanced techniques for developing web services and RESTful interfaces
- Troubleshoot, optimize and deploy an enterprise-grade web application

Audience

- Advanced to intermediate PHP developers experienced with ZF2
- Enterprise developers seeking to improve the performance, modularity and scalability of heavy, interactive, enterprise-scale web applications

Format of the course

- Part lecture, part discussion, exercises and heavy hands-on practice
usecaseUse Case Modeling14 hoursThis course is designed for business analysts, managers, team leads and process owners to provide them with the required competencies for creating use case diagrams and use case scenarios, which serve as a vehicle for eliciting, analyzing, documenting and communicating functional requirements. Delegates will practice creating use cases in the Unified Modeling Language (UML) to graphically represent the interactions between use cases and actors.
MuninMonitoring Your Resources with Munin7 hoursMunin is an open-source monitoring tool that helps system administrators monitor resources such as servers, workstations, networks, SANs, applications, network devices, etc. It shows resource trends and provides insights into questions such as "what just happened to kill our performance?" It includes visualization tools and is available on various flavors of Linux and FreeBSD.

Audience

- System administrators
- Network administrators
- Network engineers
- IT managers
- IT administrators

Format of the course

- Heavy emphasis on hands-on practice. Most of the concepts are learned through samples, exercises and hands-on development.
sysserarchSystems and Service Architecture - Microservices Architecture14 hoursBuilding complex enterprise applications is very challenging in an ever-changing environment.

Changes in the integration between services or systems will trigger changes in the design of the system. This course covers how to design maintainable, fit to the size and purpose of your organisation service and systems architecture and practical infrastructure.

This course covers common problems with building the landscape of distributed apps, starting from integration problem, infrastructure and modern approaches, to solving complexity issues.

This course explains the pros and cons of each solution (e.g. traditional SOA vs Microservice architecture), available tools (mostly open-source) supporting the development and maintenance, etc..

Course Format

It is mostly discussion (with limited presentations).
OMGUAF1OMG Unified Architecture Framework (UAF)35 hoursThis course gives a solid understanding across all aspects of OMG United Architecture Framework. It does not focus on a specific view or function, but allows the delegates to easily find more information in the documentation and easily understand it.

During the course the delegates will do simple exercises, answer questions, etc...

Sparx Enterprise Architect is usually used during the course, but any other tools can be used instead.
technicalarcTechnical Architecture and Patterns21 hoursWith the emergence of very complex distributed systems, complexity of a single system moved to the complexity of the architecture of the group of systems. This course covers the relationship of Software Architecture with Technical Enterprise Architecture. These two areas are interrelated in a way which currently is not well described. For example, splitting complex monolithic system into two systems communicating via web services will trigger substantial changes to both the new systems, and the architecture between them.

This course will cover trade-offs, currently common patterns and solutions for managing complex systems and communication within and between them.
SysMLExaSysML by example21 hoursThis practical training will show you how to use efficiently the SysML modeling language. You will discover in particular the block diagrams for structural modeling of complex systems. You will deepen the sequence diagram, the state diagram and activity diagram for dynamic modeling. You will also learn to use specific SysML diagrams, such as the requirements diagram and the parametric diagram, as well as the important concept of allocation. We will also focus on the need to define a modeling approach, adapted to the context of the company and the type of system to be studied. We will finally see what is the state of the art of SysML modeling tools.

Audience:

Project managers, architects, system engineers, having to model complex systems including both software and hardware

Teaching Method:

- Theoretical presentation with examples
- Case Study on paper (demo of a SysML tool by the trainer)
CapellaEnCapella in action28 hoursThis practical training will enable you to discover the ins and outs of the ARCADIA (Architecture Analysis and Design Integrated Approach) method and its associated modeling language. We will also focus on the benefits of a workbench adapted to the method, through a complete case study performed with the open source Capella tool. A language, an approach, a tool: these are the three pillars needed for the success of the Model Based Systems Engineering (MBSE).

Audience: Project managers, architects, system engineers, wishing to master the ARCADIA method and to learn how to use efficiently the Capella tool

Teaching Method:

- Theoretical presentation with examples
- Case Study realized with Capella
IntARCEnIntroduction to ARCADIA with Capella7 hoursDuration: 1 day

Audience: Project managers, architects, system engineers, wishing to discover the ARCADIA method and the Capella tooling

Teaching Method:

- Theoretical presentation with examples
- Capella tool demonstrations
modafomeMODAF Overview and Modelling the Enterprise21 hoursThis course is delivered in 2 modules:

First module enables students to gain an overview of the use of MODAF to support acquisition.

Secong module provides an in-depth description of the MODAF views and how they are used in the development of an architecture. It describes how the 6-step process is applied and how information gathered from stakeholders is interpreted within the MODAF model and represented in user-focussed views.
sysmlmdApplying SysML with MAGICDRAW21 hoursこれは、典型的なモデルベースのシステムエンジニアリング手法を示すケーススタディに続いて、モデリング、UML、SysML、およびMagicDrawの使用の原則をカバーする3日間のトレーニングです。

コース:

- SysMLを使用したシステムモデリングにMagicDrawを使用する際の講義と実際の練習を含みます。
- 主要なSysMLの概念と図を説明します。
- 実践的な経験構築システムモデルの例を提供します。
- さまざまなビューでモデル要素をトレースする方法を示します。
- MagicDrawの機能を効率的に使用する方法を説明します。
- 一貫したモデリングケーススタディに基づいています。

オーディエンス:

- モデルを作成し使用するシステムアーキテクト、システムエンジニア、ソフトウェアアーキテクト、その他のステークホルダー。

メソッド:

- プレゼンテーション、ディスカッション、ケーススタディに基づく実践的な課題。

コースの教材:

- スライド、ケーススタディモデル、および実際の割り当ての説明

証明書:

- 各参加者は、トレーニングに参加したことを示すNo MagicとNobleProgの証明書を受け取ります。
soadtbsDesigning SOA using BPM and SoaML21 hoursObjective:

Helping Business Analysts, architects and designers to understand how to efficiently specify and realize a Service Oriented Architecture on the basis of their business goals and align it to changing business and user requirements.

This 3 day training course aims at helping business analysts, architects and designers to learn how to specify and realize a featured Service Oriented Architecture to better deal with changes on the business and user requirements (changing objectives, strategies, tactics, rules, user interactions,...) while capitalizing on the business capabilities.
soamladAnalysis and Design with SoaML14 hoursこのコースでは、OMG SoaML標準について説明し、SOA環境をモデル化する方法を示します。言語を紹介し、SOAのサービスとインフラストラクチャを発見、設計、実装する方法を示します。

このコースでは、常に最新バージョンのSoaML仕様について説明します。
dodafintDepartment of Defense Architecture Framework (DoDAF) Overview21 hoursDepartment of Defense Architecture Framework(DoDAF)は、米国国防総省のアーキテクチャフレームワークであり、様々な見解によって組織された観点を通じて特定の利害関係者の懸念の構造を提供します。

DoDAFは、表形式、構造的、動作的、オントロジー的、絵画的、時間的または図形的手段によるアーキテクチャ記述の広い範囲および複雑さを視覚化し、理解し、同化するためのメカニズムとして機能する一連のビューを定義する。

これは、複雑な統合および相互運用性の問題を抱える大規模システムに特に適しており、開発システムが動作する外部顧客の運用ドメインを詳述する運用ビューの使用において明らかに独特です。
umlitbaUML for the IT Business Analyst21 hoursIT業界で最も急速に成長している役割の1つは、ITビジネスアナリストです。ビジネスアナリストはほとんどの組織で使用されており、民間部門や公共部門のいずれのITチームにとっても重要なメンバーです。

このコースでは、最先端のオブジェクト指向技術を使用してビジネスアナリストが自分の役割をどのように果たすことができるかについての明確なステップバイステップのガイドを提供します。
dddintroIntroduction to Domain Driven Design14 hoursドメイン駆動型設計(Domain Driven Design、DDD)は、ソフトウェアを開発する際に複雑な動作を処理する手法です。
nafNato Architecture Framework (NAF)35 hoursこのコースは、Nato Architecture Frameworkのすべての側面を網羅しています。特定のビューや機能に焦点を当てるのではなく、ドキュメントで詳細情報を簡単に見つけて簡単に理解できるようにします。

コース期間中、代表者は簡単な練習や質問への回答などを行います。

Sparx Enterprise Architectは通常コース中に使用されますが、代わりに他のツールを使用できます。
eaintEnterprise Architecture Overview14 hoursこのコースは、エンタープライズアーキテクチャの計画、分析、実装、実行、維持または改善に関わるすべての人を対象としています。これは、EAの記述と実装に使用されるツールの包括的な視点を示しています。
updmintOverview of Unified Profile for DoDAF/MODAF (UPDM)21 hoursUPDMは、米国国防総省アーキテクチャフレームワーク(DoDAF)と英国国防総省アーキテクチャフレームワーク(MODAF)の両方をサポートするモデリング標準を開発するためのオブジェクト管理グループ(OMG)イニシアチブです。モデリング標準は、DoDAFとMODAF(UPDM)の統一プロファイルと呼ばれます。
modafintMOD Architecture Framework (MODAF) Overview21 hoursMODAFは、国防総省の計画および変更管理活動を支援するためにMODによって開発された、国際的に認められたエンタープライズアーキテクチャフレームワークです。これは、複雑な問題の理解を助ける、厳密で一貫性のある包括的な方法で情報の取得と提示を可能にすることによって実現します。

聴衆:

- エンタープライズ・アーキテクトは、MODAFビューの主な顧客で、標準のMODAFビューを正しく解釈し、新しいビューを作成するために必要なタスクを指定および制御する必要があります。
- MODAFビューの作成と交換に関するガイダンスを必要とする建築モデラー(例えば、建築原則、ビュー一貫性ルール、ツール選択基準など)
- MODAF Architectureデータ要素を格納および操作するためのアーキテクチャデータリポジトリを実装しているツール開発者およびエンジニア
- 以前のタイプのMODAFユーザーを適切に訓練し、サポートするために参照資料が必要なトレーナーおよび教育者
- MODAFの開発に貢献したいMODAFユーザー
- 特定の質問に答えるためにどのような意見が必要かを理解する必要があるマネージャー
eaintroIntroduction to Enterprise Architect7 hoursこのエンタープライズアーキテクトトレーニングの概要は、Sparx SystemsのUMLモデリングツール、Enterprise Architectをモデリング活動に使用したいが、エンタープライズアーキテクトの機能、使い方、使用方法には慣れていないすべての人を対象にしています。
eaintro1Introduction to Enterprise Architectures14 hours目的

このトレーニングコースは、出席者が最もよく使用されるエンタープライズアーキテクチャーを理解するのを助け、組織の適切なアーキテクチャーのシナリオで成功するための構築にフォローアップするためのルールを目的としています。

結果として得られるエンタープライズ・アーキテクチャ・フレームワークは、ビジネス層から技術層に確立される適切なアーキテクチャ層、コンポーネント、およびトレーサビリティ・リンクの選択により、ビジネス意思決定の進展と突然変異の予測対応する情報システム構成要素の
UMLObject-Oriented Analysis and Design using UML21 hoursこのコースは、アナリスト、デザイナー、開発者、テスター、プロジェクトマネージャを対象としています。 UMLを使用したシステムモデリングの紹介です。

選択されたシステム(ケーススタディ)に基づいて、システムモデリングのフェーズが提示されます。モデリング要件から、ビジネスプロセスモデリング、機能要件および非機能要件の文書化、分析モデルまでです。次のステップは、設計フェーズです。プロジェクトクラスを使用した静的および動的モデリングとシステムコンポーネント間の相互作用です。演習用には、エンタープライズアーキテクト - 一般的なモデリングツールが使用されます。

トレーニングは、ソフトウェア開発の全段階でUMLを使用することで、エンタープライズシステムにおける包括的なプロセスモデリングの基礎となります。

トレーニングはわずか3日間しかないので、参加者はトレーナーと一緒にエクササイズを行います。また、ステートマシンとコード生成トピックはオプションとしてマークされています。 UMLを使用したモデリングの経験が豊富な方には、このトレーニングを4〜5日に延長することができます。その場合、参加者は自分自身で課題を解決し、要約中に作成されたモデルと比較する時間があります。 4日間のトレーニングでは、すべてのトピックが必須で、5日間のバージョンにはより高度な要素も含まれています。ブースのケースでは、参加者には練習時間があります。このトレーニングは、分析やデザイナーのためのプロファイリングも可能です。ブースのケースでは、プログラムの変更が受信者に調整されます。
umleaUML in Enterprise Architect (workshops)21 hoursこのコースは、アナリスト、デザイナー、開発者、テスター、プロジェクトマネージャー向けに設計されています。

このワークショップでは、Sparx SystemsのUMLとエンタープライズアーキテクトを使用した問題分析、設計、文書化システムを紹介します。トレーニング中は、プログラムの高度な機能(MDA、プロファイル、XMIなど)、およびモデリングを大幅に簡略化し加速するベストプラクティスを紹介します。

エンタープライズアーキテクトツールのトレーニングに焦点を当てているため、参加者はUMLでモデリングする方法をすでに知っている必要があります。モデリングを学びたい方には、UML専用のトレーニングを受けています。

いくつかのプログラムのトピックはオプションであるとマークされています。つまり、参加者の意思決定と残りの時間に依存します。

トレーニング方法:

講義10%、90%のワークショップ
opstcloudCreate OpenStack cloud infrastructure14 hoursこのコースは、OpenStackに基づいたクラウドインフラストラクチャの理解と実装に役立ちます。参加者は、OpenStackのアーキテクチャと機能、およびさまざまなインストールシナリオを学習します。
週末エンタープライズアーキテクチャコース, 夜のエンタープライズアーキテクチャトレーニング, エンタープライズアーキテクチャブートキャンプ, エンタープライズアーキテクチャ インストラクターよる, 週末エンタープライズアーキテクチャトレーニング, 夜のエンタープライズアーキテクチャコース, エンタープライズアーキテクチャ指導, エンタープライズアーキテクチャインストラクター, エンタープライズアーキテクチャレーナー, エンタープライズアーキテクチャレーナーコース, エンタープライズアーキテクチャクラス, エンタープライズアーキテクチャオンサイト, エンタープライズアーキテクチャプライベートコース, エンタープライズアーキテクチャ1対1のトレーニング

コース割引のニュースレター

We respect the privacy of your email address. We will not pass on or sell your address to others.
You can always change your preferences or unsubscribe completely.

一部のお客様

is growing fast!

We are looking to expand our presence in Japan!

As a Business Development Manager you will:

  • expand business in Japan
  • recruit local talent (sales, agents, trainers, consultants)
  • recruit local trainers and consultants

We offer:

  • Artificial Intelligence and Big Data systems to support your local operation
  • high-tech automation
  • continuously upgraded course catalogue and content
  • good fun in international team

If you are interested in running a high-tech, high-quality training and consulting business.

contact us right away!